半月板損傷の治療ならFMT整体新大阪院へ

半月板損傷治療でこんな間違いを犯していませんか?

半月板損傷治療でこんな間違いを犯していませんか?

半月板損傷と診断をされたら、
一般的には以下のような治療をされます。

  • ギブス、テーピング固定
  • キネシオテーピング
  • 包帯固定
  • 干渉波、トップラー波電療法
  • 医療レーザー
  • 手術
  • 半月板損傷用サポーター

これ以上、半月板の損傷が広がらないように、
ギブスやテーピング、サポーター、包帯
などで膝を固定します。

そして、経過を見ますが、
それでも痛みが軽減しない場合は、
手術をします。

けれども、手術をしても
再発をしてしまう人がいたり、

手術をしても痛みが変化しなかった
人がいるのも事実です。

もし、現在あなたが上記のような
治療を受けているのであれば、

残念ながら、半月板損傷の早期回復、
根本解決は望めません。

これらは半月板損傷の原因に
働きをかけていないのです。

半月板損傷の原因について
詳しく知りたい人はこちら

半月板損傷の痛みの原因

半月板損傷の痛みの原因は、
筋肉が硬くなっていることです。

ですから、レントゲンで半月板が
損傷していていることが確認されても、
痛みを感じない人はいます。

また、手術で半月板の形成手術を
受けなくても、

半月板が損傷されたままでも、
筋肉の硬直がとれていけば、
痛みは軽減していきます。

もし、手術をしないで
半月板損傷を改善したいなら、
当院まで一度ご相談ください。

大丈夫、半月板損傷は、
きっと良くなりますよ。

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional